« 授業34日目 | トップページ | 授業36日目 »

授業35日目

うちのクラスの中で、台湾人の女の子が来なくなりました。

今学期始めの頃は積極的に楽しく授業を受けている雰囲気だったけど、

1月末頃からたびたび欠席するようになり、授業に出席しているときでも居眠りは

しょっちゅうで、よく先生に怒られてました。

先生も他の中国人の生徒になんで学校に来ないのか、欠席の理由を聞いてみても

"わからない"の一言のみ。

どうやら個人でビジネスをしているようで、その仕事が忙しくて来れないのかな~と

思ってみたり。

まぁ、他に何やってるとか関係ないけど、でも韓国には勉強しに来ているんだし。。。

この子、出席日数が明らかに足りないし、どうせ4段階(4級)には100%上がれないけど。


うちのクラスにはもう一人ダメダメくん(中国人男子)がいたけど、3月にソウルの大学に

進学していきました。

…でも韓国人と授業を受けるわけだし、そうなるとハイレベルな韓国語能力が必要に

なってくるわけだし、私から見たら(いや、誰がどう見ても)全く無理だと思うんだけど。。。



さて、人の心配はここまでとして、

今日の授業は

●-어/아야지 (~しなきゃ) 自分ひとりで確認しながら決心するとき

"週末は部屋の掃除しなくちゃ"とか、心の中で決心とかするときに使う表現です。

こちらは普段良く使う表現なので問題なし^^


●-고야 말겠다 (~してみせる)

今まで何度も失敗してきたけど、今度こそは必ず果たしてみせる!っていうふうに、

強く決心したときに使う表現です。


●言語と思考 韓国の擬態語・擬声語について

韓国ではウサギか"ピョンピョン"と飛ぶ様を"깡총깡총(カンチョンカンチョン)"、

蛙が"ケロケロ"と鳴く様を"개굴개굴(ケグルケグル)"

床などがワックスなどで"ツルツル"に綺麗な様を"반질반질(パンジルバンジル)"

などと言い表すそうです。

これに対し、日本ではこう言い表します、中国ではこう言い表します、というので

いろんな擬態語・擬声語が出てきてなかなか興味深いものでした。


●トルジャンチの準備で悩んでいる友達に助言する

トルジャンチというのは、子供が満1歳の誕生日に行う伝統的なお祝いの行事です。

そのトルジャンチで一番のメインイベントはトルジャビというものです。

トルジャビとは、あらかじめククス(麺)や糸、米、お金、なつめ、本、鉛筆などを

台に乗せて、主役の子供が一番最初に掴んだものでその子が将来どんな子に

育つのかを占うもの。

ちなみにククスや糸は長生きし、米やお金はお金持ちに、

なつめは将来たくさん子供ができ、

本や鉛筆は勉強が良くできる子になる、とされています。


そしてトルジャンチでは、きびだんごを必ず用意します。

何故かというと、とうきびは赤く、そのとうきびから作られたきびだんごは

"赤いもので鬼神を追い払う"という意味があるそうです。

日本では還暦に赤グッズで身を包んでお祝いしますよね?

たぶんこの"赤"の持つ意味は同じだと思います^^



今回は会話の練習は無しで、トルジャンチの知識と、

会話に出てくる表現を勉強しました。

(最近、そんな場合が多いけど。。。)



来週末に行われる期末テストは第8課から第14課までだそうです。

あ~…また試験勉強しなくちゃだ。。。

でもこのテストが終わればかなり心の余裕が出来そうだなぁ~

« 授業34日目 | トップページ | 授業36日目 »

留学生活【2008年冬学期】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 授業34日目 | トップページ | 授業36日目 »

↓ブログランキングに参加してます。ぽちっと押してね♪

LINK BANNER

  • 【このブログのバナー】
フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Counter

  • visitors
    Flag Counter
  • 【 韓国に移住してから… 】
  • 【 韓国で入籍してから… 】

お気に入りリンク

無料ブログはココログ