« 猫の姿勢 | トップページ | 第17回TOPIK問題発表 »

イントネーションと発音

今日のフリートーキングは、タシマさんとマヤさんが欠席、

ナナエさんと2人での授業でした。

この授業の流れとしては普通、あらかじめ題材をもらって

家で読んで理解してから授業に臨むという流れ。

今日もその流れで行われたのだけど、

この長文がそんなに長くない文章だったので、

2人で1段落ずつ読むことに。



実は話すのと文章を読むのって、ぜんぜん違う。

流暢に話せる人でも、文章を読もうとするとボロボロだったり。。。

ま、私もその中の一人なんだけど

それとは逆に、ナナエさんは詰まらずにそれなりに上手に読めます。

でもどうしてもイントネーションに問題があるようで、

今日も先生に何度も何度も直されてました。。。

これが、日本人独特のイントネーションなんですよね。。。

日本人が韓国語を話そうとすると起こる、独特のイントネーションなのです。

Photo

上の図は、日本人がハマりやすい韓国語のイントネーション。

高い音から始まり、急に下に下がり、また上に上がる、という

激しい波のようなイントネーション。

日本人特有の典型的な、間違えたイントネーションです。

でも韓国人の韓国語(ソウルの言葉)は、

Photo_2 

一番目の図と全く逆。

若干低い音から始まり、少し高くなってそのままを保っています。

しかも、ほとんどイントネーションが無いのです。

(図に表すのって難しいのですが…こんな感じです)




イントネーションや発音って、いくら高級レベルになってもダメな人はダメ。

今の段階で直そうとすると、かなり意識しないと直すのは無理だと

先生も言っていました。

ちなみに、こう見えても私…イントネーションだけは自信あります

前にブログにも書いたけど、最初から韓国語を"耳"で覚えたから。

語彙や文法の前に、まず耳を鍛えましょう~

(もちろん自分で実際に口に出して話すことも大事です)




さてさて、今日はナナエさんと二人だけだったので、

休み時間と帰りに色々と話すことができました。

ナナエさん、ソウルに来てもう4年なんだとか。

1年半くらい旅行会社で仕事してて、今年始めに退職し、

また韓国語の勉強を始めたのだそう。

そしてなんと、TOPIKクラスで私と一緒に勉強しているレイコさんと

mixiで知り合った友達なんだとか

MKAをレイコさんから紹介を受けて、それで受講することになった

という経歴があるんだそう。

そんなレイコさんは、私のブログ友達でもあり、クラスメートでもあるけど、

その前に私のブログを読んでMKAに行くことを決めた、

という経歴があるのです。

…ということは、MKAの評判は

私→レイコさん→ナナエさん

という風に広がったんだ。。。

いやあ、口コミってすごいなぁ~

これを機に良い友達になれるといいな。。。

« 猫の姿勢 | トップページ | 第17回TOPIK問題発表 »

韓国語の勉強」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

↓ブログランキングに参加してます。ぽちっと押してね♪

LINK BANNER

  • 【このブログのバナー】
フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Counter

  • visitors
    Flag Counter
  • 【 韓国に移住してから… 】
  • 【 韓国で入籍してから… 】

お気に入りリンク

無料ブログはココログ