« 緊急入院、そして無菌室へ | トップページ | 無菌室生活② 抗がん剤休薬期間 »

無菌室生活① 抗がん剤治療開始

無菌室へ入室したその次の日の7月29日、いよいよ抗がん剤治療が開始されました。

まず、7日間ずっと抗がん剤を注入し、その後、休薬期間を2週間ほどとって

血液検査の数値を見ながら退院する、というのが1クールとなります。

看護師さんから抗がん剤の種類や様々な副作用について色々細かく説明を

受けていましたが、実際に開始されると、私の体ではどんな副作用が現れるのか、

また、いつ現れるのかが不安でした。

現に昨日、入室したての私の目に飛び込んできたのは、同室の患者さん2人が

それぞれ副作用で苦しんで手当を受けている姿でした。

「私の体にも、ああいう副作用が起こるのかな…」

という不安と恐怖の中、2種類の抗がん剤がどんどん私の体に注入されていきました。


7月30日、私のロングヘアを切り落とし、人生初の坊主頭になりました。

ここの病院では、抗がん剤の副作用で髪の毛が抜け落ちる前に

男女共に坊主頭にするのです。

ロングヘアには未練は無かったものの、その髪を切り落とす瞬間は、

少しだけ寂しい気持ちになりました。

でも一度切り落としてからバリカンで坊主頭に仕上げている間は、

「あ〜スッキリした」という気持ちに。

でも鏡で自分の坊主頭を見たら悲しくなるかも…と思い、

散髪を済ませた私はトイレに行って、恐る恐る鏡を見たところ、

そこには中学生の時の弟が。。。

(注:私たちの時代、中学校では、男子は坊主と決められていました)

基本的に私たち姉弟、似ているっていう証拠ですね。。。

鏡を見て悲しくなるどころか、新たな発見をした瞬間でしたcatface


8月1日、特に目立った副作用は無いけれど、便秘にかかりました。

(一応、便秘も副作用の1つです)

血液の数値が激減しているところへ便秘にかかると痔にかかりやすく、

よって肛門からバイキンが入りやすく、とても危険なのです。

私も便秘にかかり、やっと便が出たと思ったら大量の血が出てしまい、

(つまり、痔になってしまったということ)

それ以来、夜寝る前に看護師さんに肛門を消毒してもらうことに。

同時に消毒液を入れた座浴もこまめにするようにと指導されました。


それから、その頃から少し気持ち悪かったですが、

食事はきちんと食べられるのでそんなに酷くはありませんでした。


8月3日の午前11時頃、2度目の骨髄検査をしました。

どこでやるのかなーと思っていたら、その5人部屋の私のベッドで、でした。

前回の骨髄検査では恐怖ばかりで、気づいたら思ったより痛くなかった、

という印象だったので、幾分余裕の気持ちで臨みました。

そしたら、あまり麻酔を効かせなかったのか、あまりの激痛で悲鳴、そして号泣。。。

きっと他の患者さんたちもビックリしてたと思います。。。

途中、あまりの激痛で麻酔を追加してもらってなんとか終えましたが、

ああ…本当に辛かったです。

気づいたら汗をかいてて、グッタリしていました。

骨髄検査の先生に「辛かったですね。本当にお疲れさまでした」と声をかけられ、

私は力の無い声で「は、はい…ありがとうございました」と言っておきました。

くそー…次回はきちんと麻酔を効かせてよねー!

と、心の中で叫びながら…

それから止血の為に重りを傷口に敷いてそのままの体勢で2時間寝ていなくちゃ

ならないのですが、ちょうどお昼ご飯の時間で、配給された私のキムチチャーハンを

横目に見ながら、2時間が経つのをジッと待っていました。

それから2時間後、そのキムチチャーハンをあっという間に平らげました。

今日の骨髄検査でかなりの体力を消耗したようで、美味しく頂くことができました。。。


そして抗がん剤注入開始から7日目の、8月4日。

前日の骨髄検査の結果が良かったので、明日の午後12時半から

2週間の休薬期間に入ることに。

一般的に、あと3日は抗がん剤の点滴を延長する人が多いそうですが、

私は幸いにもすぐに休薬期間に入ることができました。

その頃、ここ一週間以上も不眠に悩まされていたので、看護師さんに相談し、

この日の夜から睡眠導入剤を処方してもらう事に。

(ちなみにこの日に処方された睡眠導入剤が軽いものだったのか、次の日には

その2倍の効き目のあるものを処方してもらいました)


この日までは副作用無く来れましたが、次の日から副作用が…

(つづく…)

« 緊急入院、そして無菌室へ | トップページ | 無菌室生活② 抗がん剤休薬期間 »

急性骨髄性白血病/闘病記」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。私も韓国人と付き合っていて、そういう関係でこちらのブログを前から読ませて頂いていましたが、はじめてコメントさせて頂きます。闘病生活ほんとにお疲れ様です。偉そうなことも力になるようなことも何もいうことが出来ませんが、こんな見ず知らずの者も心から応援していますので、急がず焦らず病気に打ち勝ってください。心から祈ってます。

同じ韓国在住者で、夫が韓国人です。
そして偶然なことに、私も2008年の9月から韓国に移住しています@@

長いようで、あっと言う間に過ぎた感じですよね・・・語学検定5級とは素晴らしいですね・・・
私は初級をやっと終え、今、中級に向け勉強中ですが、いつになったら覚える事やら(><;

闘病生活、お辛いでしょうが、頑張って克服して下さいね・・・
何も出来なくて申し訳ないのですが、陰ながら応援しています。

お大事にどうぞ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 緊急入院、そして無菌室へ | トップページ | 無菌室生活② 抗がん剤休薬期間 »

↓ブログランキングに参加してます。ぽちっと押してね♪

LINK BANNER

  • 【このブログのバナー】
フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Counter

  • visitors
    Flag Counter
  • 【 韓国に移住してから… 】
  • 【 韓国で入籍してから… 】

お気に入りリンク

無料ブログはココログ