« 一時退院(1クール目) 8月16日〜8月28日 | トップページ | 退院後4度目の外来と骨髄検査 »

一時退院(1クール目) 8月29日〜9月5日

前回白血球の数値が悪く、それに伴ってまた更に感染防止・衛生面に

気を使わなければならなくなったせいで、この一週間はちょっと落ち込み気味で過ごすことに。

しかもずっと悪天候で外に出て散歩兼運動すらできず、立ちくらみの症状も出ていました。

そして先日生理が終わったのに、その4日後、鮮血の不正出血もあって

「次の外来の時の血液検査、また悪いかも…」

と思っていました。

そして8月29日、週に一度の外来の日がやってきました。

採血、CV消毒を済ませ、その1時間ほど後に担当医の診察を受けました。

先生に、あまり体調がよくなくてめまいがすることと、不正出血のことを話しました。

そしたら先生は、運動せずにずっと横になっていれば立ちくらみの症状が

出ることもある、と説明してくれ、今日の血液検査の結果を教えてくれました。

結果は全成分とも通常値まで上がっている、とのこと。

そして不正出血は、入院中ずっとピルを飲んでいたので、その副作用だと

説明してくれました。

とりあえず血液検査で良い結果が出たので、ホッ。

この日から食事の制限無しで食べても良くなりました。

しかし念のため、ブドウやイチゴ等、皮を剥かずにそのまま口に入れる果物や

甲殻類、刺身、ナッツ類、乳酸菌入りの飲食品、

それからこれは韓国独特ですが젓갈(様々な海鮮類の塩辛)、젓갈を入れて漬けた

キムチ等は避けて食べるようにしました。


そしてこの日、日本から両親と弟が韓国に来る日でもありました。

私が白血病を発病したことを知り、すぐに両親が駆けつけてくれたのですが、

その時はもう既に無菌室にいて、中には入れずに面会室で大きなガラス窓を隔てて

話すことしかできませんでした。

なので、間近で会うのは久しぶりです。

そして弟と会うのはもっと久しぶり…約1年ぶりかな?

韓国に到着したその次の日、我が家に来てくれました。

2〜3時間という短い時間だったけど、久しぶりに家族全員集まっておしゃべりして

楽しい時間を過ごせました。

そしてそのまた次の日の夜には、近所の日式刺身屋さんにて

両家の家族全員が集まって食事をしました。

実はこの日も会えると思っていませんでした。

家がものすごく高台にあるため、急坂や階段を果てしなく登ってこなければならず、

両親、特に母親は到底登ってこられない道のりだし、私は今、このような体だし、

諦めていました。

でもウチの旦那や義妹をはじめ、義両親、友人などが協力してくれ、

その次の日も会える事に。

本当に感謝、感謝です。

そのお刺身屋さんで家族ゆっくり話す事もできたし、本当に楽しい時間を

過ごす事ができました。

そしてその次の日には日本に帰国します。

最後は父・母・弟と1人ずつ手を取って別れを惜しみました。


日本の家族から元気をもらい、私はリラックスした状態で一週間を過ごす事が

できました。

また、2個の台風が過ぎ去った後、天気も良かったので、ウチの旦那と

夜、近くのコンビニ(近く、と言ってもいくつか坂や階段を上り下りしなければなりません)

まで運動を兼ねた散歩をほぼ毎日し、体調を整えました。

その甲斐あってか、9月5日の外来での血液検査ではまた更に数値が上がっていて

先生も太鼓判を捺してくれるほど、良好でした。


そしていよいよ、来週の外来で3度目の骨髄検査をすることに。

ちなみに急性白血病は慢性白血病と違って、血液検査とはまた別に骨髄検査をして

骨髄内にがん細胞が残っているかどうかを調べなければいけないんだそうです。

この病気を完治させない限り、折々に骨髄検査を受けなければいけないんですね。

どんな痛みか把握しているので、最初に味わったような恐怖心はないけれど、

決して慣れるような検査でもないです。。。

前回、激痛で酷い目にあったので、今度はあまり痛い思いをしなければいいな…

と、今からただ祈るばかりです。

« 一時退院(1クール目) 8月16日〜8月28日 | トップページ | 退院後4度目の外来と骨髄検査 »

急性骨髄性白血病/闘病記」カテゴリの記事

コメント

yokoさん、あんにょん♪
 

経過が良好で良かったです!^^
来週の検査、「痛いの痛いの飛んで行け~♪」と
日本からも応援してますよ!
無理せずにがんばってくださいね^^

yokoさん、アンニョンハセヨ。今夜は、おかげんいかがですか?
ご家族がいらしたんですね。
良かったですね。

友達の息子さん、漢方療法もされていた、そうです。
友達は夫婦ともに薬剤師です。

骨髄検査、うまく行くように東京から、パワー送りますね。

おはようございます!
毎日、拝見しています。来週からの検査、大変ですが
私もどうか痛いのが少しで済むように祈っています。
実は、私もあの痛さ、知っています。子供のころ、結核に罹り
検査のため髄液を取って検査したのです。詳しいことは覚えて
いませんが、結核菌が髄膜炎をおこすからってことだと思います。
じっとして動かないでいないと大変な検査なので周りの大人たちは
なんとか宥め透かして泣きさけばないように物で釣ってくるのです。
その昔、レントゲンのフイルムはすごく綺麗なオレンジとブルー
のケント紙みたいな紙に挟んであって、その紙欲しさに
泣かないと約束をさせられたことを思い出しました。
今と違って注射針は太かったので多分痛かったと思います。
この前、罹った難聴は今、やっと前の状態まで回復しました。
すごく悩んだのは、この子供のころの結核が原因で左耳が
ストマイ難聴で聞こえが悪いのです。聞き耳の右が今回
聞こえなくなったので回復しなかったらーと思うと憂鬱でした。
耳鼻科では回復しないと2件で言われて、針に通いました。
漢方薬も飲みました。針の医師は僕が治すといってくれて
2か月ほど通いました。yokoさんの病気とは比べられない
ものですが、ほら、いつか笑って”そんなこと、あったね!”
と言い合える日がくると信じられるでしょう?
治療の成果がこんなに目に見えているんですもの、
がんばって!毎日祈っています。

♪F4のママさんへ♪

おかげさまで、今までの経過は順調です^^
後は明日の骨髄検査の検査結果によって、2クール目開始の日にちが
決まるのを待つのみです。

日本からのF4のママさんの応援がしっかり届いて、
明日の骨髄検査があまり痛くありませんように…!

♪ケナリさんへ♪

お友達ご夫婦、薬剤師さんなんですね。
韓国では、漢方薬やそのエキス入りのドリンク剤などが
普段から愛飲されているのが一般的なのですが、
素人がただ「体にいいから」と闇雲に取り入れてしまうと、
かえって体に悪影響を与える、ということもあり、
抗がん剤治療中の患者は口にしないように言われています。
ですが、お友達ご夫婦はプロの薬剤師さんですからね、きっと息子さんに最適な
漢方薬を調合したんだと思います。
そうすれば、効果があるでしょうね。羨ましい^^

明日、外来なんですが、骨髄検査で良い結果が出るよう、
ケナリさんのパワー、お借りしますね!

♪やすべぇさんへ♪

やすべぇさん、幼い頃に骨髄検査を経験されたんですね。
大人の私でも痛くてうんざりなのに、幼い子はもっと痛くて恐怖を感じた事でしょう。。。
私が今お世話になっている病院内のBMTセンター(BMTは骨髄移植の略)というところで、
中心静脈管消毒や骨髄検査などをしたり、
血液疾患の患者を担当する医者から診断を受けたりするんですが、
帽子をかぶり、栄養剤点滴を受けながら親と歩いている幼い子供たちの姿も
よく見かけます。
こんな幼い時からつらい治療や検査を受けているんだな、と思うと、
胸が痛みますね。

先日患った難聴が回復されたとの事。
本当に良かったです!
私も今、白血病と闘って、いつか完治したとき、ブログで元気な姿を皆さんに
お知らせしたいです。

こんばんは
日本のご家族と楽しい時間を過ごされて良かったですね(^^♪
体調もよさそうで私もうれしいです~

昨晩やっと第4回目の課題を送信しました。
私は韓→日のみの受講なので、添削はミリネでなくりんどうむくげ工房の先生にやっていただいています。(受講の申し込みはミリネにしたのですが、YOKOさんもそうでしたか?)
ただ、いつも「良くできています」と褒めていただけるのですが、あまり指摘してもらえていない気がします。言葉どおりに良くできているから~(^O^)と喜んでいいのかな…なーんて思っちゃいます
とにかくまずは出された課題に全力投球ですね!

土曜日から1泊で釜山に行きます
でもお天気が心配です
日本より韓国のほうがかなり涼しそうですね


来週の骨髄検査痛くありませんように&結果良好でありますように♪

がんばってください。

♪金の林檎さんへ♪

私がミリネの翻訳添削を受講した頃は、迫田先生と金先生が東京・日暮里にあるミリネで一緒に教室をやっていました。
その直後に東日本大震災があり、福島原発が爆発、
お子さんに放射線の影響を受けさせたくないと迫田先生は熊本のご実家に一時避難をされ、
それと同時にミリネは金先生が管理するようになったんです。
ミリネができる前から迫田先生が元々りんどうむくげ工房という屋号で
作業兼事務などをされていたようですが、
今はりんどうむくげとミリネと2つに分けて教室を開いているようですよ^^

先生から毎回褒められているとの事…
きっと金の林檎さんの翻訳が完璧なのではないでしょうか^^
私は分野毎に出来映えの差が激しくて、苦手な分野に関しては誤訳をしたり、うまく表現ができなかったりして、
迫田先生には時々叱咤激励を受けたりしていました。
それと同時に分野毎に翻訳のコツなども教えていただきました。
迫田先生って結構厳しい先生という印象がありますが、その分、先生に褒められると
すごく嬉しくて、励みにもなりました^^
もし疑問に思う点があったら、翻訳に関すること以外の事についても
どんどん質問してみるといいですよ!

引き続き、頑張ってください!

♪ahirukoさんへ♪

応援メッセージ、ありがとうございます!
また是非ブログに遊びに来てくださいね。
お待ちしてます^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 一時退院(1クール目) 8月16日〜8月28日 | トップページ | 退院後4度目の外来と骨髄検査 »

↓ブログランキングに参加してます。ぽちっと押してね♪

LINK BANNER

  • 【このブログのバナー】
フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Counter

  • visitors
    Flag Counter
  • 【 韓国に移住してから… 】
  • 【 韓国で入籍してから… 】

お気に入りリンク

無料ブログはココログ