« 無菌室生活 2クール目/抗がん剤治療開始 | トップページ | 無菌室生活 2クール目/抗がん剤休薬期間② »

無菌室生活 2クール目/抗がん剤休薬期間

今年の추석(秋夕:日本のお盆にあたる)は9月29日〜10月1日でしたが、

今年は病院で迎える事になりました。

病院では떡が配られ、少しでも秋夕の雰囲気を味わえるようにとの配慮が。

さて、10月1日の午後から抗がん剤注入が終了し、休薬期間が始まったわけですが、

徐々に体のだるさも抜け、10月3日あたりから、実際には食欲はないのだけど、頭の中だけは

「○○食べたい…」「△△食べたい…」

という妄想が膨らんでいましたcoldsweats01

しかもすべて、日本でしか食べられないもの。

母親の手料理はもちろんのこと、日本に居た頃よく食べたビックリドンキーの

チーズバーグディッシュがしきりに頭に浮かび、仕方が無いのでビックリドンキーの

HPにある写真を見ながら我慢してました。。。

そして、その日から微熱が続くようになり、同時に足と腕が赤くなり、激しい痒みが現れました。

その後、この痒みは首と顔以外の全身に広がり、退院するまでその痒みと闘う事に。。。

しばらくは痒くて眠れないほど悪化していました。。。

ステロイドなどの塗り薬を塗っても気休め程度、何回か抗生剤の種類を換え、

ようやく私に合った抗生剤を見つけた、という感じです。

ちなみにこの痒み、調べてもらうと1クールに受けた抗生剤の副作用が

今出ている、との事でした。。。


10月4日。

二の腕〜背中〜肩の辺りの、肌自体なのか筋肉なのかよく分からないけれど、

何だか痛みを感じるようになりました。

といってもそんなに辛い痛みではないので我慢はできましたが、横になるたびに

痛みを感じるので、ちょっと気になりました。

その日の夜遅く、気持ち悪い+食道が痛くて目が覚めてしまいました。

数時間前に導眠剤を注射してもらったのですが、それでもダメでした。

あまりにもキツいので看護師さんを呼んで鎮痛剤を注射してもらって何とか解決。。。


10月5日。

昨夜打ってもらった鎮痛剤の効果が完全に切れたのか、また気持ち悪くなり、

食道も痛み出したため、再度鎮痛剤注射を。

その後、鎮痛剤だけでなく、食道や胃の粘膜保護の薬も追加処方され、とりあえず

この痛みからは徐々に解放されました。

そしてこの頃から下痢に悩まされる事に。

お腹は痛くないのが幸いではありましたが。。。

その後、10月6日の午後7時までは体調も穏やかに過ごす事ができました。

しかし…

10月6日の午後7時頃、右の鼻から鼻血が出てしまいました。

こちらの無菌室は、各ベッドの真上に空気清浄機能のフィルターが設置されていて、

空気がすごく乾燥するのです。

そのせいで鼻の中が乾燥し、ムズムズして少し鼻をいじったら…ドバーッという感じ。

血小板の数値が低いため全く止まらず、看護師さんに止血処置をしてもらいました。

脱脂綿をつめてもらったのですが、それでも数分で血が滴り、

また看護師さんを呼んで交換してもらう…というような感じ。

それでもなかなか止まらないので、脱脂綿を右の鼻がパンパンになるまで

鼻の奥の奥までギューッと突っ込まれました。

すると左鼻の気道まで失われ、口で息をしなければならない羽目に。。。

私、鼻どおりは元々良い方で、今まで口で息をしなければならないという状況に

あったことがないので、この感覚が全く慣れず、この日の夜は全く眠れませんでした。

眠くてウトウトはするのだけど、息苦しくて目が覚める、といった事を繰り返しました。

これが結構辛い。。。

鼻は痛いし、息苦しくて寝られないし、本当に情けなかったです。

次の日の早朝、血小板を輸血し、やっと鼻血が止まりました!

それ以来、もう鼻がムズムズしても絶対触らないぞ!と決意したのでした。。。

そんな鼻血騒動でそれどころではなかったのですが、その頃からずっと頭痛が続きました。


10月8日。

この日は赤血球輸血、そして血液の各成分の数値を上げるため、

一日1本の促進剤注射がスタートしました。

そしてこの日は私の両親と弟がソウルに来る日です。

弟は今回、HLA検査(骨髄移植可不可を判断するための検査)をしに来ました。

到着するのが夜遅くなので、この日は金浦空港に到着後、電話で通話しました。


10月9日。

午前11時頃、弟が同病院でHLA検査をするため、採血をしました。

今までの段階は、血清レベルでは全一致していたので、

後は遺伝子レベルまで合えば移植できます。

遺伝子レベルまで全一致するよう、ただ祈るばかり。。。

ちなみにこの検査結果は約2週間後に出る予定です。


その日あたりから奥の歯茎が思い切り腫れ始めました。

その影響か、37.1〜37.5の微熱がずっと続くように。

歯茎の腫れがみるみるうちに酷くなってきたので、1クール目でも使用していた

ガーグル剤を処方してもらいました。

それでもやっぱり痛みが酷く、食事もままならないので、食前に鎮痛剤を打ってもらうことに。

でもそのタイミングが難しくて。。。

鎮痛剤は大体打ってから20分〜30分で効き目が現れてくるので、

食事が来る30分前くらいに看護師さんを呼んで打ってもらわないといけないのですが、

その食事がいつ来るかが分からないので、いつも食事が来てから看護師さんを呼んで

鎮痛剤を打ち、20〜30分待って薬の効果を確かめてから食事を開始する、ということを

しばらく繰り返していました。

これがまた面倒くさい。。。

それにだんだん鎮痛剤も効かなくなり、何もしなくてもずっと痛みが続くので

看護師さんに鎮痛剤の点滴を頼むことに。

それでもあまり効果を感じず、少し濃度を高くしてもらい、ようやく歯茎の痛みは解決。


10月11日。

母の誕生日です。

今年は韓国で迎える事になりました。

そして何年かぶりに、母の誕生日の日に母に直接お祝いの言葉を言う事ができました。

毎年、プレゼントを送っていたけれど、今年はできなくてごめんね。

完治したら思う存分親孝行させていただきます!

でもこの日、私の体調も、母の体調も良くありませんでした。

母は風邪をこじらせてたのをようやく治し、病み上がりで韓国に来たのでまだ体調が

不安定の上に、少し疲れがたまった模様。。。

(それでも食欲は旺盛で、この日の夜は焼肉を食べに行ったそうですcoldsweats01)

一方私は、この日の夜、熱が37.7〜38.0まで上がってしまったので、

血液検査とパッチテストをしてから抗生剤注射をしました。

せっかくおめでたい日なのに。。。何とも微妙な心境でした。

でもこの日はちょっと嬉しい事が。

弟が私の為にとコブクロのニューアルバム「ALL SINGLES BEST 2」のCDを

プレゼントしてくれたので、ウチの旦那に頼んでiPadに曲を入れてもらって

この日の夜から聴ける事にshine

日本の歌…何年ぶりかな。

本当に久しぶりで、この日以来、毎日のように聴きました。

(長くなりそうなので、つづく…)

« 無菌室生活 2クール目/抗がん剤治療開始 | トップページ | 無菌室生活 2クール目/抗がん剤休薬期間② »

急性骨髄性白血病/闘病記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 無菌室生活 2クール目/抗がん剤治療開始 | トップページ | 無菌室生活 2クール目/抗がん剤休薬期間② »

↓ブログランキングに参加してます。ぽちっと押してね♪

LINK BANNER

  • 【このブログのバナー】
フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Counter

  • visitors
    Flag Counter
  • 【 韓国に移住してから… 】
  • 【 韓国で入籍してから… 】

お気に入りリンク

無料ブログはココログ